🇯🇵🇺🇸🇬🇧ゼレンスキー大統領が米議会で演説(その2)


英語を自分のものにする講義2

ゼレンスキー大統領の米議会での演説、衝撃的なニュースとなりました。スピーチのテキスト transcript を手に熟読してみる価値がありそうです。スピーチの重要部分をまとめましたので、今回の投稿は長くなりました。お許しください。

ニュースを正確に理解するには、固有名詞や地名を認識することがやはり重要で、英語力以上に理解力を高めることになります。是非ウクライナ政府の公式サイトでスピーチ全文をご確認してください。URLは https://www.president.gov.ua/en/news/mi-stoyimo-boremos-i-vigrayemo-bo-mi-razom-ukrayina-amerika-80017 です。早速ですが、キエフはキーフ Kyiv です。新興国・途上国からなる第3極勢力を指すグローバルサウス Global South という言葉も覚えましょう。

1 Dear Americans, in all states, cities and communities, all those who value freedom and justice, who cherish it as strongly as we Ukrainians in our cities, in each and every family, I hope my words of respect and gratitude resonate in each American heart. すべての州、都市、コミュニティの親愛なるアメリカ国民のみなさん、自由と正義を重んじるみなさん、私たちの都市、それぞれの家族のウクライナ人と同じくらい強くそれを大切にしているすべての人々、私の敬意と感謝の言葉がアメリカ人一人一人の心に響くことを願っています 。

2 And next year will be a turning point. The point, when Ukrainian courage and American resolve must guarantee the future of our common freedom. The freedom of people, who stand for their values. 来年が転機となるでしょう。ウクライナ人の勇気とアメリカ人の決意が我々に共通する自由の未来を保証しなければならない転機です。自分達の価値観を支持する人々の自由です。

3 You can strengthen sanctions to make Russia feel how ruinous its aggression truly is. It is in your power, really, to help us bring to justice everyone who started this unprovoked and criminal war. Let’s do it. Let terrorist — let the terrorist state be held responsible for its terror and aggression and compensate all losses done by this war. Let the world see that the United States are here.ロシアにその侵略がいかに真に破滅的かを分からせるため、制裁を強化することが可能です。このいわれのない犯罪的な戦争を始めたすべての人に正義を下せるようにするのは、まさに皆さんにかかっています。テロ国家に、恐怖と侵略の責任をとらせ、この戦争で生じたすべての損害を補償させましょう。アメリカがここにあると、世界に知らしめるのです。

4 Just like the brave American soldiers, which held their lines and fought back Hitler’s forces during the Christmas of 1944, brave Ukrainian soldiers are doing the same to Putin’s forces this Christmas. Ukraine holds its lines and will never surrender! 1944年のクリスマスに、勇敢なアメリカ軍がヒトラーを退け、持ちこたえた時のように。今年のクリスマスにも、勇敢なウクライナ軍は、プーチンの軍に対して同様に戦っているのです。ウクライナは、持ちこたええ、決して降伏することはありません。

5 Iranian deadly drones, sent to Russia in hundreds, became a threat to our critical infrastructure. That is how one terrorist has found the other. It is just a matter of time – when they will strike against your other allies, if we do not stop them now. We must do it! ロシアに送られた何百ものイラン製ドローンは、重要インフラ施設に対する脅威となりました。テロリストはこうして他の仲間を見つけるのです。彼らを今止めなければ、アメリカの他の同盟国を攻撃してくるのは時間の問題です。私たちは止めなければいけません。

6 The restoration of international legal order is our joint task. We need peace. Ukraine has already offered proposals, which I just discussed with President Biden – our Peace Formula, 10 points which should and must be implemented for our joint security, guaranteed for decades ahead and the summit which can be held. 国際的な法秩序の回復は、私たちの共通の任務です。私たちには平和が必要です。ウクライナはすでに和平に向けた提案をしており、バイデン大統領とも、私たちの共通の安全保障のため、今後数十年は保証されるべき10項目と今後開催されるサミット会議についても話し合いました。

7 In two days, we will celebrate Christmas. Maybe, candlelit. Not because it is more romantic. But because there will be no electricity. Millions won’t have neither heating nor running water. All of this will be the result of Russian missile and drone attacks on our energy infrastructure. But we do not complain. あと2日で、私たちはクリスマスを祝います。たぶん、キャンドルの明かりで。ロマンチックだからではありません。電気がないからです。何百万もの人々が暖房も水道も使えないのです。これらすべてがロシアのミサイルとドローンによるエネルギーインフラへの攻撃の結果です。

8 We stand, we fight and we will win. Because we are united. Ukraine, America and the entire free world. 私たちは立ち上がり、戦い、そして勝利します。なぜなら、ウクライナ、アメリカ、そして自由世界全体が団結しているからです。

世界の動きは自分の目で確かめる。これこそ生きた勉強です。街にあふれている安易な英語勉強法や、甘い言葉に惑わされないように!You can 2020 からのメッセージです。少しづつでも続ければ、日本語を自然に覚えたように英語も自然にわかってくるものです。少しづつ毎日です!

2015年から、東京オリンピックに向けて、語学が苦手な人にこそ語学大好き人間になってほしいとの思いから、書き始めたブログです。日本をどうにかしてバイリンガル国家にという夢は実現しませんでしたが、少しでもお役に立てたとしたら幸いです。(youcan2020.comへ)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。