スペイン語の魅力講義❺ とにかく少し単語を覚えましょう!


名詞、形容詞のお話に入る前に、先ずは、少しずつ、スペイン語の単語を覚えましょう!

次の You Tube で alfabeto のおさらいをしながら、単語を覚えてみましょう!簡単な日本語訳をつけましたので、日本語を見ながら、発音してみてください!なお、動画の先生はスペイン人で、動画は約3分半です。

A casa 家, agua 水,
B boca 口, bote ボート,
C cielo 空, cabra ヤギ,
CH chino 中国人, ancho 広い (CHは、チェのほかセーアチェとも読みます。)
D día 日, dolor 痛み,

E edad 年齢, elefante 象,
F familia 家族, feliz 幸せな,
G gato 猫, guerra 戦争,
H hotel ホテル, honesto 正直な,
pI indio 先住民, iguana イグアナ,

J jarra 水差し、ピッチャー, cajón 大きな箱、引き出し,
K kilo キロ, kilómetro キロメートル (Kは外来語のみに用いられます!発音は、ca, que, qui, co, cuに同じです!)
L loma 丘, lápiz 鉛筆,
LL llover 雨が降る, caballo 馬, (LLの発音は、lla, lle, lli, llo, llu は ya, ye, yi, yo, yuと同じくジャ、ジェ、ジィ、ジョ、ジュです)
M mamá お母さん, empezar 始める,

N nunca 決して〜でない, nadie 誰も〜でない,
Ñ niña 女の子, cabaña 小屋,
O oro 金, dolor 痛み,
P papá お父さん, perder 失う、負ける,
Q queso チーズ, quizás たぶん〜だろう,

R rosa バラ, reír 笑う,
S salir 出る, 出発する, siempre いつも,
T tener 持つ, tango タンゴ,
U unir 結ぶ, usar 使う,
V vacío 空の, vecino 隣人,

W wauワゥ、半母音のu (Wも外来語のみに用いられます。Whiskyはそのまま用いられています)
X xilófono シロフォン, saxofón サクソフォン,
Y yate ヨット, yo 私、自分,
Z zapato 靴, paz 平和 で終わりです!(スペイン人は英語のthで発音しますが、中南米では普通にsで発音します)

上に出てきた単語のうち、すべての名詞に男性と女性の性別があります。というと面倒な気がしますが、少し慣れると一定の法則みたいなものがあり、自然に覚えられますから安心してください。例外はありますが、oで終わる名詞は男性、aで終わる名詞は女性です!

例えば、家casaは、女性で、定冠詞 la(ラ)がつき、la casaとなります。chino は、男性形で定冠詞el(エル)がつき、el chinoとなりますが、女性の中国人は、女性形でla chinaとなります。日本人も、el japonés、la japonesaとなります。なお、スペイン語でも Japón のように国名は大文字で始まりますが、el japonés (日本人の) という形容詞には小文字を用います。

次回講義は、英語と似ている曜日と月の名前を覚えることにしましょう!
辞書と文法書は、必要な時に何度も見るもの、やはり手元に置くのが一番です!
私の本棚にある初心者向けの2冊を紹介しておきます!

スペイン語の辞書も文法書もいいものが次々と出ています!辞書と文法書を一冊ずつくらいは、そのまま頭に入れてしまうくらいの意気込みで頑張ってみてください!
スペイン語の辞書も文法書もいいものが次々と出ています!辞書と文法書を一冊ずつくらいは、そのまま頭に入れてしまうくらいの意気込みで頑張ってみてください!
広告

スペイン語の魅力講義❹ あいさつでスペイン語を知ってる人も多いと思います!


前回講義で紹介したJuan Ramón Jiménez のPlatero y yo を You Tube で聴いてしまいました!La Novia は45分10秒から始まりまります。今日は、3時間かけて、その2、その3を通して聴いてみようと思います。

そう思っているとやっぱり、読みたくなってしまいました。そう、セルバンテス Miguel de Cervantes のドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ Don Quijote de la Manchaです。スペインのサラゴサZaragoza大学で研修中にこの大作に挑戦したことを懐かしく思い出しました。

こちらもYou Tubeで見つかりました!本当にいい時代になりましたね!私は、大学3年次に外務省の専門職試験に挑戦、合格し、大学は中退となってしまったのですが、外交官試験挑戦は、卒論を書く自信がなかったのが一つの理由でした。卒論を書くには、当然のことながらスペインから何冊か本を取り寄せる必要があったのですが、日本に届くまでには、船便で6ヶ月はかかる時代でした。読み込む時間等を考えると、外交官試験の準備の方が手っ取り早い気がしました。

この作品は、とても長いのですが、如何にスペイン語が聞き取り易く、シャドーイングも楽そうだなと感じてもらえると嬉しく思います。最近では村上春樹の作品が多数スペイン語にも翻訳されており、スペインのみならず中南米でもとても人気がありますが、ノーベル文学賞を多数輩出しているスペインや中南米の作家の作品を原文で読んでみるというのはどうでしょうか!オリンピックまで5年あります!

さて、alfabetoや音節sílabas は、スペイン語を始めるのにどうしても必要で避けて通れないのですが、余り面白くないも事実です!おまけにドン・キホーテかが出てきては相当ウンザリされたことと思いますので、ちょっと流れを変えたいと思います!

スペイン語といえば、まず思い浮かべられるのは?

あいさつの ¡Hola! ラ!
元気ですか ¿Cómo está? モ エス?
おはよう !Buenos días! ブノス ディアス!
ニョール Señorとセニョータ Señorita
さよなら Adiós! アディ
ありがとう gracias!グシアス!

この辺りは、大丈夫でしょうか!スペイン語で読まれたのは初めてかもしれませんが、acentoも規則通りですね!それと ン pan、パジャpaellaとモヒートmojito、ル bar はもはや日本語でしょうか!

ついでにすぐに覚えられるスペイン語をあげておきましょう!アホ、バカ、カマ、オシッコ、マグロってわかりますか?スペルは次のとおりです!

ホ ajo ニンニク (ホタ j の読み方はハヒフヘホですよ!)
カ vaca 牝牛 ( ウベ v の発音は、べ b と同じです!)
マ cama ベッド ( カは、ca です!k は使いません!)
コ hocico 馬の鼻ズラ ( Plateroにも出てきます)
グロ magro 赤身の肉 (魚ではありません)

アセントは、常に同じ規則ですね!最後にalfabetoのおさらいをYou Tube でしておきましょう!やはり 美人で (グパ guapa)で明るい (シムティカ simpática) なメヒーナmexicana の先生にお願いしましょう!

次回講義は、各名詞に性別があり、形容詞も性別によって変化するというお話です!

スペイン語の魅力講義❸ アクセントの位置もめちゃ簡単!スペイン語って日本人に合っているかも!


棒読みができるようになってもまだスペイン語らしく聞こえません!アセントacento (英語のaccent)をつける必要があります。そのためには音節 (シラバ sílaba)について勉強する必要があります。これらをマスターすれば、どんな文章も正しく読むことができるようになります。少し慣れれば、感激するほど簡単です。

確か大阪外大に入学して最初の授業が、alfabeto、母音vocalと子音consonante、sílaba 、acentoについてだったと思います。そしてすぐにスペイン語暗誦大会という催しがあり、スペインのノーベル文学賞受賞者フアン ラモン ヒメネス (Juan Ramón Jiménez) の「プラテロと私 (Platero y yo)」という本のラ ノビア(La Novia 恋人) の章の冒頭部分 (といっても かなりの量に思えました)を覚えさせられました。

スペイン語は全くわかりませんでしたので全単語にフリガナをつけ丸暗記を目指しました。ですが、その一節は、その後もずっと頭に残っており、現役外交官時代には、通訳の出番の前の準備運動には、いつもこの一節が役にたちました!そのうちに披露しましょう!You Tube で見つけましたので少しだけでも聴いてみてください。美しいスペイン語のリズムや抑揚を感じてもらえれば「やる気」も出てくるのではないでしょうか。

英語でもスペイン語でも、学ぶには、最初が肝心!英語もアルファベットをキチンと発音せずして上達は望めません!phonics とvowels のチェックをお忘れなく!日本式の教育では、その最初の授業がすぐに忘れ去られてしまいますね!英語との接触が途切れてしまいます!

母音は、aeiouの5つだけ!子音はいくつでしょう!bcdfg hjklm npqrs tvwxy z が英語と同じ!チェ ch, エニェ ñ, ドブレエレ ll, ドブレエレ rr を加えて30です。rr は語頭では R がひとつになり, r となりますので大文字でRRとなることもありません!sílaba というのは、母音のみか母音と子音の塊のことです!

alfabeto を分けると al-fa-be-to と4音節になります。Jiménez は Ji-mé-nez の3音節です。

音節を作る基本ルールは次のとおり。
・母音のみか、母音と子音の組み合わせで音節ができます。子音が続く場合には、最後の子音を後の母音にくっつけます。alfabeto にある ch, ll, rr や tr, br, cl 等の二重子音は分けられません。
例えば、タオル to-a-lla, 建設 cons-truc-ción 等です。

・母音には強母音 (a, e, o)と弱母音 (i, u) があります。
・強弱 (au 等)や弱強 (ia 等)、弱弱 (ui 等)のような二重母音や弱強弱 (uai, iai 等)の三重母音もあります。
・弱母音にアクセントがつくと強母音になります。例えば、国 país, 日本 Japón 等。

アクセントの位置のルールはもっと簡単です!
・母音か子音の n か s で終わる単語は、後ろから2番目の母音にアクセントが来る!
・n と s 以外の子音で終わる語は最後の母音にアクセントが来る!

これだけです。そのルールを外れる場合には、アクセント符号を付けます! 

例をあげます!
アクセント acento アント:母音で終わってますので後ろから2番目です。
試験 examen エクサメン:n で終わってますので後ろから2番目です。
私たち nosotros ノtロス:sで終わってますので後ろから2番目です。
日本 Japón ン: n で終わってますが、o の上にアクセントがあるのでアクセント符号が付きます!、

なお、弱母音の上にアクセントが来る場合にもアクセント符号を付けます。日 día, 国 país がその例です。

「そんなの学校で習わなかった!」「先生が教えてくれなかった!」これらは、私が子供の頃、良く言い訳に使っていたフレーズですが、学校で先生が、すべて教えてくれるなんてことはありえません!特に語学はそうです!自分で調べ、自分で暗記し、本を読む!自分の関心と興味が勉強を深めるのです!

私の講義でも、すべては書けません!みなさんの興味を呼び覚まし、自分で勉強を始めてもらう!そして2020年までにバイリンガルを目指す!You can 2020はみなさんの独学を応援します!次回は、いよいよしゃべってみましょう!挨拶から始めましょう!