⑯ 努力は必ず報われる!先人、偉人から学ぼう!


東京オリンピックまで5年ありますが、何を目指されますか?
もう一度、外国語に挑戦してオリンピックをもっと楽しみませんか!
しかも、英語とスペイン語を同時にマスターして、人生を変えてみるというのはどうですか!

絶対に無理と思った人は、このブログを読んでみてください!すべて無料です!

NHKの「花燃ゆ」に登場した吉田松陰によれば、勉強しない人の3つの「言い訳」ビック3は、次のとおりだそうです!
・私は、もう年をとってしまったから!
・私には、才能がないから!
・私は、すでに才能豊かで、もう学ぶことはないから!

勉強するか、しないか!
すべては、自分がやるかどうかであって、人が助けてくれないとか、お金が足りないという問題ではないのです!
それはできないのではなくて、自分がやらないだけなのです!

努力は必ず報われます!
人間、生きている間中、必死に勉強するべきです!
学べば、人が変わり、組織が、国が変わっていきます!
昼も夜も、ちょっとの暇を見つけて、読書するのです!

以上は、You can 2020の言葉ではありません。
29歳と3ヶ月に満たない短い生涯ながら、明治維新への旋風を引き起こした吉田松陰の言葉です。

教育者松陰の凄まじい生き様の詳細を知ったのは、慶應大学の通信教育で政治学を勉強しだした頃、すでに外務省に入ってから20年が経ち、43歳のおっさんになってましたが、激務の中、飲み会も減らし、週末にレポートを書き、スクーリングに通いつつ、3年半かけて卒業しました。充実してました!

松陰の言葉に、もっと早くに出会っていれば、もっと違う人生が待っていたかもしれません!松陰が吉田家を次ぐのが6歳のとき、藩主の前で「孫子」の虚実編の講義を行ったのが15歳、米艦乗り込みに失敗し、捕われるのが25歳、松下村塾で講義を始めるのが27歳でした。松陰が最後の5年間になし得たことに比べれば、5年後の東京オリンピックまでに外国語をマスターするなんてことは、とても小さなことかもしれません!

為せば成る、なさねばならぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり!
If you try to do, it can be achieved, if you don’t, it will never be achieved. Achieving nothing is due to one’s own intention to not try.

You can 2020は、意識改革のみで日本中をバイリンガルにしたいのですが!東京オリンピックまで、あと5年あります!You can 2020が、あなたの「やる気」、自分でも「やれそうな気」を育てます!小中高生のみなさん、5年後は、それぞれ、高校生、大学生、社会人ですね!少しでも「やる気」が、出てきたら、少しでも、自分にも「やれそうな気」がしてきたら、やってみませんか!そこから始めるのです!

語学の秘訣は常に独学、常に継続です!語学に王道はありません!You can 2020が、みなさんを応援します!

最後に世の政治家に松陰の一言を贈ります!
「万巻の書を読むに非ざるよりは、寧んぞ千秋の人たるを得ん!一己の労を軽んずるに非ざるよりは、寧んぞ兆民の安きを致すを得ん!」
万巻の書を読まないで、どうして指導者なぞになれましょうか!国民を安心させられますでしょうか!

一万冊の本、一生勉強です!国家は独立自尊であるべきだ!
「国の存するや自ら存するなり。豈に外に待つことあらんや。外に待つことなし!豈に外に制せらるることあらんや。外に制せらるることなし。故に能く外を制す。」

通勤電車の中でLINEやゲームに熱中している時間で、人生を変えることができるかもしれません!「やる気」を持って、「やれそうな気」にならなければ、始まりません!
通勤電車の中でLINEやゲームに熱中している時間で、人生を変えることができるかもしれません!「やる気」を持って、「やれそうな気」にならなければ、始まりません!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください