スペイン語の魅力講義❷ すぐに読める?発音できる!やってみよう!


それでは、いきなりスペイン語を読んでみましょう!今日のスペイン国営放送tve (テべエ、Televisión Española、テレビシオン エスパニョーラ) から取ってみます!

「アルトゥーr ・マス・カタルーニャ州知事、ヒロナ県の商業会議所での記者会見で (スペイン通信社EFE) 」という意味です!
「アルトゥーr ・マス・カタルーニャ州知事、ヒロナ県の商業会議所での記者会見で (スペイン通信社EFE) 」という意味です!

とにかく画面下の字幕部分をローマ字読みしてみましょう!この人は、バルセロナのあるカタルーニャ州知事です。
エル プレシデンテ カタラン、アルトゥール マス、エン ラ コンフェレンシア エン ラ カマラ デ コメルシオ デ ジロナ。

これをローマ字表記してみましょう!大文字はそのまま書きます!
Eru puresidente kataran, Aruturo Masu, en ra conferensia en ra Kamara de Komerusio de Girona. となります!

実は、このままローマ字読みしても優しいスペイン人は、多分理解してくれるでしょう!これくらい日本人にとってスペイン語の発音は楽勝なのです!

ちょっとコツをお教えしますが、それだけですぐにスペイン語の新聞が音読できます!これってすごくないですか!もちろん意味を理解するのにはもう少し時間がかかりますが!

以下コツについてです!
まず、スペイン語の特徴からです。
その1:スペイン語は、日本語と同じく母音がaeiouアエイオウの5つしかありません!
その2:日本語の音節は、常に、母音のみか、母音と子音が常にくっついていますが、スペイン語をうまく読むには子音のみの発音になれる必要があります!

次にスペイン語独特の発音です。
その3:bとvは発音が同じで日本語のバベビボブでOKです!楽チンです!
その4:残念ながらlとrは、違います!語頭のrと語中のダブルのrrはスペイン語独特の「巻き舌」というものですが、浦和、うらわ、ウラワといえば自然にrrの発音ができるようになります!浦和、リンゴ、ルンバ、レンガ、ロン (麻雀のロン) といってララリリルルレレロロと練習してみてください!
その5:Ñ、ñというのがあります。エニェといいます。ña, ñi, ñu, ñe, ñoとなり、ニャニィニュニェニョと読みます!
その6:LL、ll というのがあります。エジェといいます。lla, lli, llu, lle, lloとya, yi, yu, ye, yoもジャジィジュジェジョと読みます!

次に読み方で注意する点です!
その7:ca, cu, co は カクコと読みます!ciとceはシ、セと読みます。キとケはqui, queとなります。
その8:ga, gu, go は ガグゴと読みます!giとgeはヒ、ヘと読みます。なお、ギとゲはgui, gueに、グィとグェは、güi, güeとなり、uの上にチョンチョンがつきますがそう多くはありません。
その9:ja はジャではなくハとなります。ja, ji, ju, je, joはハヒフヘホと読みます。ge と gi と合わせて覚えましょう!
その10:sa, si, su, se, soも、za, zi, zu, ze, zoも、サシスセソです。ci, ceが同じグループです!スペインでは、cとzは英語のthの発音になりますが、中南米ではsの発音で構いません!

残り二つは、補足のようなものです。
その11:hは常に読まれません!hoy (今日)はオイと読みます!
その12:kはスペイン語ではほとんど用いませんので、カキクケコは、ca, qui, cu, que, coとなります。kが出てくれば、その単語は外来語です!

結局、いろいろ書いてしまいましたが、結論は「たいしたことはない、すぐ慣れます」です!前回紹介したスペイン語独習コンテンツでスペイン語のアルファベトをネイティヴの発音で確認してください!

それでは、もう一度、スペイン語で読んでみましょう!

エl pレシデンテ カタラン、アrトゥr マス、エン ラ コンフェレンシア エン ラ カマラ デ コメrシオ デ ヒロナ
となります!たいへんよくできました!下線部分は、ほとんど日本語読みでOKですね!すごい!

もう一つ付け加えますが、cha, che, chi, cho, chuは日本語と同じ発音でチャ、チェ、チィ、チョ、チュですので問題なしですね!

もうみなさんスペイン語がドンドン読めるようになりました!次回はアクセントのお話をしましょう!

You can 2020 は あなたの「やる気」を引き出します!やれそうだと思うことがすべての始まりです!
(注:実は、県名のGirona はカタルニャ語でジローナと読みます。スペイン語名は、Gerona でヘロナと読みます。今日は発音の講義ですので無視してもらっても結構ですが念のため!)

スペイン語の魅力講義❷ すぐに読める?発音できる!やってみよう!」への1件のフィードバック

  1. […] 英語が先に浮かぶとスペイン語が出てこない!スペイン語が浮かぶと英語が思い出せない!気がつくとこれまで一度も考えたことのなかった単語が一杯!この投稿は、随時更新していきたいと思います!括弧内は英語とスペイン語です!英語の発音がわからない人は、App 「じしょ君」ですぐチェック!スペイン語の発音は簡単ですよね!スペイン語の魅力講座②から軽くおさらいしてみてください。 […]

    いいね

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください