いよいよ初級者卒業の人のために!


やり直し英語実践講義 22

語彙を増やすための方法も人それぞれ山とありますが、次の動画はいかがですか!エティモロジィetymology とは語源のこと!スペイン語でもほぼ同じ!エティモロヒア etimología といます。日本人には中々馴染みのない言葉なのですが、言葉の先祖をたどるタイムラインのようなものです。これに少し首をつっこむと語学がとても楽しくなるのです。少しオタクっぽい nerdy かも!

中高生には多少卑猥な言葉も出てきますが、英語の語源の勉強ということでご容赦のほど!

先ずは次の 10 語の語源に興味を持っていただければ幸いです。

① sandwich: カード好きの第 4 代サンドイッチ伯爵 the forth Earl of Sandwich の発明
② nice: 語源はラテン、楽しいことの意味
③ muscle: mus はハツカネズミ、筋肉はハツカネズミが動かしている?という語源

④ addict: 語源はラテン、耽ける、身を捧げるの意味ですが元々は奴隷 slave に使われた言葉で「恋の奴隷」とか
⑤ clue,clew: ヒントの意味ですが、古い英語で糸を巻いたボールのこと、迷路 maze, labyrinth から抜け出すために使われた

⑥ jargon: 難解な専門用語を指しますが、語源は古いフランス語で小鳥のさえずりの意味、持って回った何回聞いてもわからない難解な表現のこと
⑦ abocado: アボカドはアステカ語が語源ですが testicle の意とは驚き!aphrodisiac な食べ物ともいわます。
⑧ whisky: ゲール語が語源、water of life の意とは納得!

⑨ vagina: これもラテン語が語源、元々は刀を納める鞘 scabbard, sheath の意!これも納得!
⑩ oxymoron: ギリシア語が語源、oxus (sharp) と moros (blunt) の組み合わせのように矛盾する言葉を意味する。

ついでにこれらをスペイン語にしておきましょう!
① sándwich: ② agradable: ③ músculo: ④ adicto: ⑤ pista, clew: ⑥ jerga: ⑦ aguacate: ⑧ wisky: ⑨ vagina: ⑩ oxímoron:

おまけに① 公爵と伯爵:duque y conde 、② 奴隷:esclavo、③ 迷路:laberinto、④ testicle:testículo、⑤ aphrodisiac:afrodisíaco、⑥ scabbard:vaina, funda

いかがですか!少しは面白いと思っていただけましたでしょうか!Lucy 先生、楽しい解説をありがとうございます。

You can 2020 はみなさんと一緒に東京オリンピックまでに世界とコミュニケーションが取れるバイリンガル国際人になることを目指します!誰にでもできます!可能です!必要なのは、自分でもやれそうかなと思い立つことだけ!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください