上級時事英語:2018 年ノーベル医学賞についての Nature 誌の論評


上級英西時事ニュース講義 ②

ジェイムズ・アリソン教授と本庶佑教授のノーベル生理学医学賞受賞を伝える Nature 誌の記事です。この記事でより深くこのノーベル賞の重みを知ることができます。解説記事もとてもわかりやすいと思います。是非オリジナルで読んでみてください。

https://www.nature.com/articles/d41586-018-06751-0

① James Allison and Tasuku Honjo pioneered treatments that unleash the body’s own immune system to attack cancer cells.

② Researchers have flocked to the approach, and immunotherapy is now one of the hottest areas in cancer research. 

③ In 1997, Allison and his colleagues engineered an antibody that could bind to CTLA-4, removing the brakes on T-cell activity and unleashing them to attack cancer cells in mice.

④ In 1992, Honjo discovered a different T-cell protein, PD-1, which also acts as a brake on the immune system but by a different mechanism. 

⑤ Allison’s and Honjo’s discoveries have added a new pillar in cancer therapy. 

⑥ In recent years, clinical work on drugs that inhibit the CTLA-4 and PD-1 mechanisms — known as ‘immune checkpoint therapy’ — has developed apace.

⑦ In 2015, Allison won a prestigious Lasker prize for his work on cancer immunotherapy. In 2016, Honjo won the Kyoto Prize in basic sciences, a global prize awarded by the Inamori Foundation.

You can 2020 はみなさんと一緒に東京オリンピックまでに世界とコミュニケーションが取れるバイリンガル国際人になることを目指します!誰にでもできます!可能です!必要なのは、自分でもやれそうかなと思い立つことだけ!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください