毎日使える簡単 phrasal verbs:秘訣は前置詞の感覚をつかむこと!


毎日使える簡単 phrasal verbs ①

語彙、表現力、コミュニケーション力を爆発的に増強するにはイディオム phrasal verbs を使いこなせるようになることが不可欠です。phrasal verbs とは動詞と前置詞 (副詞) の組み合わせで色々な意味に使える便利な動詞のことです。ですが、嫌になるほど a daunting inventory の種類の phrasal verbs があるのも事実です。(youcan2020.comへ)

1 get up2 put off の意味はご存知だと思いますが、「起きる」「延期する」と丸暗記するのではなく、前置詞 (副詞)の感覚をつかむことで飛躍的に上手く使いこなせるようになれます。

例えば、前置詞や副詞として使われる up の意味は「上の方へ」off は「〇〇から離れた」という感覚です。この感覚がわかれば、get up は「体を起こす」という感覚です。この感覚を日本語にすれば「起きる」となります。これがわかれば 3 wake up! との違いも自然にわかります。この「起きろ」は目を覚ませという感覚です。まぶたが up すると覚えてもいいでしょう!

put off は「離れた別のところに置く」なので日程や予定を「延期する」という意味で使うことができます。今回からできる限りたくさんの phrasal verbs を攻略し、英会話能力を飛躍的に上達させていきましょう!

今回登場の phrasal verbs は 3 つでした。

You can 2020 はみなさんと一緒に東京オリンピックまでに世界とコミュニケーションが取れるバイリンガル国際人になることを目指します!誰にでもできます!可能です!必要なのは、自分でもやれそうかなと思い立つことだけ!(youcan2020.comへ)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください