日常英会話:be supposed to を使いこなそう!


英語からスペイン語日常会話講義 34

VOA の新しい Let’s Learn English シリーズ Level 2 の lesson 28 : For the birds です。Anna looks for birds but finds ice cream trucks. And then she finds…a spy? But, what is he hiding? アナは鳥を探していますが、アイスクリーム売りのトラックを見つけます。そしてスパイを!しかし、彼は一体何を隠していたのでしょうか!(youcan2020.comへ)

今回のテーマは、be supposed to の使い方です。have to と ought to とも比較してみます。もう Level 2 もLesson 28 です。もうこのような表現も自由に使えるようになれると思います。

1 Be supposed to means to be expected to do something何かをすることが期待されているという意味です。

①Anna was supposed to find birds, but she didn’t. アナは鳥を見つけようとしていた。ができなかった。

②We’re supposed to be counting birds, not ice cream trucks. 私たちは鳥を数えようとしていたのだ。アイスクリーム売りのトラックを数えに来たのではない。

2 Sometimes we use it to say what someone is allowed to do:たまにすることが許されていることを指す場合があります。

①They were not supposed to stay in the store after it closed. 我々は閉店後店内にいることは期待されていない → 店内にいることは許されない。店内にいるべきではない。

Have to means you must do somethinghave to は何かをしなければならないの意味

①I have to hide. 隠れないと!*アメリカ英語では have to が shouldよりも頻繁に使われます。

4 And ought to meansyou should do it but you don’t have toought to は should と同じでするべきであるの意味ですが、必ずしもする必要はありません

①I ought to do something. 何かをするべきである。*ought to は絶対ではありません。

The show ought to be done in an hour. ショーは一時間以内に終わるだろう。*Sometimes, it is used for saying what is probable. たまに、起こりそうなことを予告する感じで使われます。

Lesson 28 のテキストやより詳しい説明は、次の website をご覧ください。

https://learningenglish.voanews.com/a/lets-learn-english-level-2-lesson-28/4396849.html

You can 2020 はみなさんと一緒に東京オリンピックまでに世界とコミュニケーションが取れるバイリンガル国際人になることを目指します!誰にでもできます!可能です!必要なのは、自分でもやれそうかなと思い立つことだけ!(youcan2020.comへ)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください