時事英語:トランプ大統領発金正恩委員長宛書簡で勉強する!


中級英西時事ニュース講義26

米北朝鮮首脳会談の突然の中止発表ですが、トランプ大統領の書簡がそのまま発表されました。折角の機会ですので、しっかり勉強しましょう。スペイン語も同時にチェックしてみましょう。

スクリーンショット 2018-05-25 22.09.59

以下参考になる表現をピックアップしておきました。

① 金正恩の肩書きが Chairman of the State Affairs Commission となっている。スペイン語では Presidente de la Comisión de Asuntos Estatales * 日本の報道では、金正恩の肩書きは、朝鮮労働党委員長や第一書記となっている。なお、His Excellency は「閣下」の訳です。

② totally irrelevant は「全く取るに足らない」totalmente irrelevante

③ inappropriate は「不適当な」inapropiado

④ the detriment of the world は「世界の不利益、損失」el detrimento del mundo

⑤ ultimately は「結局のところ、ついに」ultimamente

⑥ the release of the hostages は「人質の解放」la liberación de los rehenes

⑦ a great oppotunity for lasting peace は「恒久平和ののための素晴らしい機会」un gran oportunidad para la paz duradera

つくづく英語ができれば、スペイン語は簡単と思われないですか!このような公的文書の形式や書き振りは大いに参考になります。なかなかこのような文書がタイミングよく公開されることはありませんので貴重です。

You can 2020 はみなさんと一緒に東京オリンピックまでに世界とコミュニケーションが取れるバイリンガル国際人になることを目指します!誰にでもできます!可能です!必要なのは、自分でもやれそうかなと思い立つことだけ!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください