難しくない英語+西語文法講義❼ スペイン語の動詞 (現在、過去、未来形のまとめ)!


ここまで動詞の現在、過去、未来形を勉強してきました。ここまで押さえれば、スペイン語の基礎は終了したも同然といえます!おさらいしてみましょう!

*動詞には ar 動詞、 er 動詞、 ir 動詞の3種類があり、現在形では活用語尾がそれぞれ変わります。

*動詞の過去形では、er 動詞と ir 動詞の活用語尾が同じなのでグンと楽になります。

*動詞の未来形では、すべての動詞の原形に同じ活用語尾がくっつくだけですので一番簡単です(不規則動詞はほんの少しだけ)。

紹介した3つの動画で活用形をとことんマスターしてください。ここを押えることが大切です。内容を確認してもらえれば、いつでもこの動画を見れるようにしてもう活用形に困ることはありません。

次にこの3つの動画に現れた基本動詞を書き出しすと次のとおりです。全て重要必須動詞です。英語も同時にチェックしてください。これだけ覚えれば、かなりの表現が可能になるはずです。各動画を click すれば動画が見られるようにしておきます。

<現在形動画>hablar (to speak), comer (to eat), vivir(to live), eacribir( to write), prometer(to promise), creer(to believe), llegar(to arrive), caminar(to walk), necesitar(to need), recibir(to recieve)

<過去形動画>hablar (to speak), comer (to eat), vivir(to live), cantar(to sing), salir(to go out), estudiar(to study), ver(to see), llamar(to call), recibir(to recieve), entender(to understand)

<未来形動画>llamar(to call), devolver(to retuan, to give back), imprimir(to print), comer(to eat), ser(to be), deber(to owe, should), encontrar(to find), pensar(to think), dar(to give), empezar(to begin)

英会話が苦手な人は大部分の方が基本的な不規則動詞、せいぜい30−40個ですが、その活用さえうろ覚え!基礎を知らずしては日常会話もおぼつきません。英語もスペイン語も同じ!基本動詞を知らずして絶対に会話は無理です!でもそんなに難しいことではありません!ひらがなとカタカナだけでも100語ですよ!

スペイン語の不規則動詞は明確な決まりがある上、数もそう多くはありません。基本不規則動詞についてはまた別途お話ししたいと思います。

You can 2020 はみなさんと一緒に東京オリンピックまでに世界とコミュニケーションが取れるバイリンガル国際人になることを目指します!誰にでもできます!可能です!必要なのは、やれそうかなと思い立つことだけ!人の英語を羨ましく思ったり、尻込みしたり、今更と諦めてしまわないことです!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください